深まる秋、いざ!シュワシュワの旅へ・・・

NO IMAGE

こんにちは、コスメハンターのYUKOです。

最近私がはまろう!と思っているのが“炭酸もの”。健康と美容に今とても注目されていますが、特にこのコスメハンター内でハッキリさせたいなぁと考えているのが炭酸パックの良し悪しです。炭酸パックと言ってもその種類と値段はかなりマチマチ。しかも炭酸パック、酸素パック、などが存在し、呼び名も様々。この点についてはメーカーに問い合わせして、呼び名の違いだけということが判明しました。

しかし何故炭酸なの?と疑問ですが、この炭酸ガスは実は非常に小さな分子。短時間で肌内部に働きかけることができ、血流に働きかけることが出来るんだそう。最近のスキンケアはリンパの流れやマッサージなどを組み込むことで、確かな効果を得られるメソッドを採用する傾向にあるけど、炭酸はまさにうってつけの救世主。

 この炭酸のスキンケア効果に以前から着目して今から10年以上前、1997年に日本初の炭酸パックを発売したドクターメディオンをご存知でしょうか?もともと“床ずれ”の研究から、炭酸の効果に注目した美容医療の専門家、日置医学博士が開発した酸素パック、スパオキシジェルを今回はトライ!

 

1個¥1,890円ととてもお高いパック。洗顔後に化粧水や美容液を塗ってから使用すると、後の酸素パック中に美容液成分がしみ込む、ということで同ドクターメディオンのアプレシオンエッセンスを塗ってからパックしました。

パックはその場で顆粒にジェルを加え、専用の容器でマゼマゼするという通常スタイル。

意外とシュワシュワが少ないし、顆粒が溶けにくくて残ってる・・・。約20分間肌に乗せてジェルを落とすのですが、他の炭酸パックと同様落ちにくいというやっかいさは同じ。このスパオキシジェルは他の炭酸パックと比較して、濃度が濃く、血中のヘモグロビンを引き寄せる力が強いので血流アップも相当期待できるものらしいのですが。

使用後はかなり肌が白く透明に、きめ細かく引き締まる。うーん、でも1回ではやはり判断できない、というのが正直なところでしょうか?年齢肌の私は辛口評価を付けさせてもらいました。値段でかなり期待をしてしまいましたが、他にはコストパの良い強者、炭酸パックの存在がたくさんあるもんで・・・パンチが欲しい感じです。

暫くは炭酸パックにフォーカスしてレポートを続けてみますので、ご期待下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

スキンケアカテゴリの最新記事